ソーシャルブックマーク
 
 
まずはココに注目!
 

このブログ上でのノウハウ記事の更新は終了させて頂きました。
古くなってしまった情報は整理をして、新しいサイトで再度公開していこうと考えています。
またよろしくお願いします。


知識・経験ゼロの状態からネットショップを立ち上げ2年で軌道に乗せる事に成功した筆者が【本気のネットショップ】を目指す人の為に2007年に開設したブログです!
個人でネットショップを運営する際に必要な製作スキル・運営スキルや、日々直面する様々な問題の解決方法を紹介しています。
これからネットショップを作りたい方、すでにある程度の売り上げを出している方、全ての人に読んで貰えるよう頑張ります!!


ブログランキングに投票する
ブログランキングに参加しています。
起業・独立ブログランキング
マーケティング・経営ブログランキング
 
ブログ内検索
 
ブログ内検索
ブラウザ検索(Ctrl+F)も併用すると目的の語が見つかりやすいです

WEB検索
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

サイト内検索の比較 (前編)

 
2007/09/25(Tue) Category : ネットショップ論
ターゲット:上級者


4回続いた「検索機能」の話題も今回と次回でラストです!

前回までの記事はこちら↓

1.検索窓で売り上げアップ
2.商品検索?全文検索?
3.全文検索機能の導入手順


今回は「サイト内検索の比較 (前編)」です。




サイト内検索とは前回までの内容で言う「全文検索」の事です。
今までは「商品検索」との比較のため「全文検索」と表現していましたが、一般的には「サイト内検索」という言葉がメジャーです。

サイト内の検索なんだから商品検索もサイト内検索じゃないか!という意見もありそうですが、一般的に「サイト内検索」という場合は「サイト内の全文検索」を指します。



そのサイト内検索ですが、大きくわけると3通りの方法がありますので、導入の簡単な順に紹介します。

1.大手検索サイトの無料サイト内検索サービスを使う
2.ASPのサイト内検索サービスを使う(有料・無料)
3.自力でサーバーに検索プログラムのCGIを設置する



すべてを説明すると長くなってしまいますので、今回はまず1について説明します。2と3については次回になりますのでしばらくお待ち下さい。



1.大手検索サイトの無料サイト内検索サービスを使う

検索エンジン大手の3社は、すべて無料でサイト内検索のサービスを提供しています。

指定のコードをコピー・ペーストするだけの簡単な方法ですので、ネットショップを作れる人ならば誰でも利用は可能です。

以下が各社のサイト内検索サービスのページです。

Yahoo Japan
Google
MSN

注:普段はリンク先が削除される可能性を考えて長期的なサイト外リンクははらない主義なのですが、今回は特別にリンクをはっちゃいました。
リンク先ページが変わっていたり削除されているのに気づかれた方はコメント欄で教えてください。お願いします!



これらの大手検索エンジンを利用するのは最も簡単な方法ですが、最も問題が多い方法でもあります。

まず一番の問題は「カスタマイズ性が悪い」という事

検索結果のページは各社とも「毎日お目にかかるお馴染みのページ」です。(笑

つまり上に【Yahoo!Japan】や【Google】のロゴが入り、レイアウトも普段と同じになります。

ただしGoogleの「フリー検索カスタマイズ版」は背景や文字色の変更ができますので、試してみてください!



また「スポンサー広告が挿入される」ので、利用者が商品名で検索した場合、同じ商品を売る他社の広告が表示される可能性があります。

ネットの世界ではみんなお隣さんみたいな物ですので、この点は必要以上に気にする必要はないと思います。どのみちウェブ全体で検索されたらすぐにライバルと比較できてしまいます。

インターネットを良く知らない人にとっては自社の敷地(サイト)内に他社の広告が出る事は理解し難いでしょうが、ライバルの情報を一切シャットアウトしたがるタイプの人はインターネットの世界では成功しないと思います。

努めてあまり気にしないようにしてください。すぐに慣れます(笑


上記の様にスポンサー広告については「他者の広告が出るから」というよりもむしろ「デザイン的な」問題の方が気になります。

検索広告の文章というのは文字数の制限もあり、単刀直入な、言い換えれば乱暴な文章が多くあります。

「~がこの値段!」や「~を探すならココ!」みたいな広告をよく見ますよね(笑

このようなダサイ文章が自分のサイト内に表示されるのが耐えられない人は検索大手の無料サイト内検索はやめましょう。





また検索の精度の面で一番問題なのは「最新のページがすぐに反映されない」という点です。

SEOでおなじみの【ウェブ検索】と同じデータを利用していますので、クロールの頻度も同じく月に一度程度になります。

支払い方法や配送方法のページなど、変更の少ないページに問題はありませんが、新商品や内容を更新したページで問題が生じます。

特にネットショップの場合、多くの「売りたい商品」は最新の商品でしょうから、その最新の商品が検索結果に表示されないのでは売り上げに関わる問題になります。


商品の入れ替わりが速かったり、常に新しい情報を更新しているショップの場合は「大手検索エンジンの無料サイト内検索」避けるべきです。



と、ここまでが【検索大手の無料サイト内広告】についてです。

次回は【ASP型】と【自力設置型】について解説します!







起業・独立ブログランキング1位を目指しています!
今回の記事を読んで「全文検索導入しようかなぁ」という気になった方は是非応援のクリックを!(笑
ブログランキングに投票する
人気blogランキング

もちろんコメントで「面白かった」と言ってもらえるほど嬉しいことはありません!お気軽にコメント送信してください。
またネットショップ運営に関するお悩みや知りたい情報のリクエストがあればお聞かせください

その他のSOHO・在宅ワーク ブログランキングは人気blogランキング
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
カテゴリー
プロフィール
 

ty(田中勇輔)

Author:ty(田中勇輔)
職業:ネットショップオーナー・小規模ECサイトマネジメントの研究
得意分野:マーケティング・画像補正
苦手分野:Web技術全般(笑


このブログではプログラミング等の専門的な技術の解説はほとんどありません。というか私には解説出来ません(笑
Web製作に関する最低限の知識と、マーケティングと商品撮影の秘訣のみです!

ネットショップ成功の秘訣は技術よりも「人の温もり」です
もちろん綺麗なページが出来る技術があればより良いです(笑

みなさんどんどんコメントをお願いします!

 
RSSフィード
リンク
最新の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。