ソーシャルブックマーク
 
 
まずはココに注目!
 

このブログ上でのノウハウ記事の更新は終了させて頂きました。
古くなってしまった情報は整理をして、新しいサイトで再度公開していこうと考えています。
またよろしくお願いします。


知識・経験ゼロの状態からネットショップを立ち上げ2年で軌道に乗せる事に成功した筆者が【本気のネットショップ】を目指す人の為に2007年に開設したブログです!
個人でネットショップを運営する際に必要な製作スキル・運営スキルや、日々直面する様々な問題の解決方法を紹介しています。
これからネットショップを作りたい方、すでにある程度の売り上げを出している方、全ての人に読んで貰えるよう頑張ります!!


ブログランキングに投票する
ブログランキングに参加しています。
起業・独立ブログランキング
マーケティング・経営ブログランキング
 
ブログ内検索
 
ブログ内検索
ブラウザ検索(Ctrl+F)も併用すると目的の語が見つかりやすいです

WEB検索
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

適切なターゲットキーワードの作り方

 
2007/08/04(Sat) Category : サイトレイアウト・SEO
ターゲット:初心者~中級者



前々回の記事で書いた「SEOの中で重要な2つの要素」

「ターゲットキーワード」と「サイトの信頼度」

から、今回はターゲットキーワードについてです。


ターゲットキーワードを機能させるには「ページ内容に沿ったキーワードを決める」「ページにキーワードを埋め込みクロールされる」という2つのプロセスがありますが、今回は「キーワードを決める」方法について触れ、実際にキーワードをページに埋め込む方法はまた次回説明します。
(途切れ途切れですいません(泣)






まずは、そもそも「ターゲットキーワード」を決める必要性について説明します。



「ただ文章を書くだけでは上位表示は不可能」

検索エンジンでは、特定のキーワードの重要性を「キーワード頻度」というデータで計測しています。

「キーワード頻度」とは、文字の通り、ページ内に「キーワード」がどのくらいの割合で出てくるか?の率です。

ページ内で何回も繰り返されるキーワードが、そのページ内で重要な物だと認識され、検索結果に表示される様になります。

つまり「意図的に」キーワードを使わないと、上位表示は無理だということになります。




と言う事は「ターゲットキーワード」を大量に詰め込めば上位表示されるのでしょうか?

検索エンジンの創生期には同じキーワードを連呼するだけのページが上位表示されていましたが、現在ではもちろんそんな事はありません。

「さじ加減」が重要ですので、そのコツついては後ほど詳しく伝授します!





ターゲットキーワードの必要性がわかったところで、次はどのようなキーワードが良いのかを考えます。


「3色ボールペン」を販売するページの例で考えましょう。

ページ内で「こちらの”ボールペン”は使う程馴染み・・・・」「こちらの”ボールペン”はカラーバリエーションも・・・・・」「こちらの”ボールペン”はお値段も手頃・・・・」と繰り返したとします。


すると検索エンジンから「ボールペン」で訪問する人が来るかもしれません。

が、その中の何割が”3色ボールペン”を求めて来たでしょうか?


初めから「3色ボールペン」というキーワードを使っていれば、「3色ボールペン」で調べた人が訪問するため、成約率は格段に上がります。



これだけの説明だと「ボールペン」のほうが検索回数が多いはずだから効果があるはずだ!という声が聞こえてきそうです。

しかし残念ながら新参者に「ボールペン」という大きなキーワードで上位表示させるほど世の中は甘くありません。(笑


より競争率の低いキーワードで勝負した方が得策です。





つまり「よりセグメント化されたキーワード」を使うという事は

「上位表示の可能性を高める」
「訪問者のニーズに合致するので成約率が上がる」


という2つの利点があるわけです。




しかし、あまりにもマイナーなキーワードを使うと「検索する人がいない」という根本的な失敗に結びついてしまいます(笑




こちらもキーワード頻度と同じく「さじ加減」が必要ですが、同じくコツもあります。





一つは、思いついたキーワードで検索してみて上位に表示されたサイトの「規模」を見る事です。


SEOの基本で説明した「サイトの信頼度」と「サイトの規模」は大抵比例します。


「サイトの信頼度」が高いサイトに、信頼度がゼロに等しい新規サイトが太刀打ちできるはずありません(笑


ここはおとなしく引き下がりましょう。そして「太刀打ちできそうなサイト」が上位表示されているキーワードを地道に探しましょう。




2つ目の方法は「キーワードアドバイスツールを使う」事です。

キーワードアドバイスツールとは、検索エンジンでの検索回数、検索結果数、上位表示のし易さを表示してくれるサービスです。

「キーワードアドバイスツール」で検索するといくつかでてきます。




私が人に教える時は、常に「無料登録ドットコム」の物をお勧めしています。

是非試してみてください。




次回は「キーワードの埋め込み方法」についてです!






起業・独立ブログランキング1位を目指しています!
まだ出来て2週間のブログですが皆様の応援でこれからも頑張っていきます!
この記事が面白いと思った方は是非クリックをお願いします!
ブログランキングに投票する
人気blogランキング

またネットショップ運営に関するお悩みや知りたい情報のリクエストがあれば是非コメントをお願いします!

その他のSOHO・在宅ワーク ブログランキングは人気blogランキング

スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
カテゴリー
プロフィール
 

ty(田中勇輔)

Author:ty(田中勇輔)
職業:ネットショップオーナー・小規模ECサイトマネジメントの研究
得意分野:マーケティング・画像補正
苦手分野:Web技術全般(笑


このブログではプログラミング等の専門的な技術の解説はほとんどありません。というか私には解説出来ません(笑
Web製作に関する最低限の知識と、マーケティングと商品撮影の秘訣のみです!

ネットショップ成功の秘訣は技術よりも「人の温もり」です
もちろん綺麗なページが出来る技術があればより良いです(笑

みなさんどんどんコメントをお願いします!

 
RSSフィード
リンク
最新の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。